SKIN ESSENCE 2001 SKIN ESSENCE 2001

SKIN ESSENCE
2001

創業から40年、従来の美容液の機能はもちろん
「鎮静」「修復」「再生」を目的とした美容液。

現在まで2万人のお客様に来店していただきトラブル肌を改善してきた実績があります。
化粧品会社ゆえにエステ会社様と比較されがちですが、VSD化粧品の製品を比較する際は化粧品・エステ会社様×皮膚科であると考えています。
成分も各種トラブル肌に対応した「消炎作用」や「創傷や火傷の皮膚疾患」に効果が高いとされるものをふんだんに利用しているので、一概に化粧水・美容液と言っても、特殊性があると認識しています。

SKIN ESSENCE 2001
オールマイティータイプの美容液で、高分子及び低分子の両方の構造を持ち、どんな肌にも適応する美容液です。傷ついた角質にしっかり潤いを与え、保湿成分が皮膚表皮を潤し、肌環境を整えます。

3,223円(税込)
容量:20ml

ONLINE SHOP

3つの機能

function01

「保湿」「美白」だけじゃない
「鎮静」「修復」「再生」の為の美容液

クワエキスを配合しているので、桑白皮でメラニン色素の活動を抑え、美白や消炎作用効果もあるので、「透明感が出る」保湿だけではない、美白できる美容液です。
またビフィズス菌発酵エキスやブナエキスがも配合されているので紫外線や加齢により損失をうけた細胞の自然修復機能効果やコラーゲンの産生促進や皮膚構造の強化をすることで「肌の滑らかさ」を高める効果も期待できます。

function02

「高分子」と「低分子」で
他社では1本のところ2本分の効果を

肌の潤いを逃さず、肌表面をしっかりカバーする「高分子」と浸透して肌の中から保湿する働きの「低分子」のW構造で肌の外側と内側をしっかり保湿します。
また皮膚は紫外線や乾燥、ウイルス、活性酸素、界面活性剤など外の過酷な環境から命を守るため、また、体内からの水分蒸散を防ぐために強固な皮膚バリアを形成しています。
皮膚はバリア機能維持のため、自らの力でダメージを鎮静、修復しターンオーバーして、毎日新鮮な角質層に生まれ変わっています。
この皮膚自らが活性化する力を「スキン・ホメオスタシス」といいます。スキン・ホメオスタシスのパワーが衰えると、肌の老化が進み、肌年齢が悪化、ダメージを鎮静・修復する力が衰えます。
SKIN ESSENCE2001はスキン・ホメオスタシスのパワーをサポートする商品です。

function03

高い保湿力。
だけどべたつかない。

当社ではヒアルロン酸ををはじめ各種栄養成分を100%原液で配合しているので高い保湿力を実現出来ました。
濃縮されたまま製造しているので、「トロみ」があるのに「べたつかない」ため、肌につけたときストレスを感じにくくなっています。

SKIN ESSENCE 2001は
従来の化粧品としての機能はもちろん
トラブル肌を鎮静
そして再生させることを目的とした美容液です。

主な成分
加水分解シルク、ブナエキス、ヒアルロン酸、ワエキス、ビヒィズス菌発酵エキス、
アミノカプロン酸、アラントイングアイアズレンスルホン酸Na